イマークSに副作用はある?

イマークSに副作用はある?

EPAは血中の中性脂肪を減らす効果があることで知られており、動脈硬化や高脂血症の治療薬としても活用されています。

 

しかしどんなに有効な薬にも、副作用があります。

 

それはEPAが含まれるサプリメントや健康飲料なども同様です。

 

目次
開く閉じる

 

EPAの作用とは?

 

イマークSはEPAとDHAが含まれています。

 

EPAには中性脂肪を減らす作用があります。

 

DHAにも同様の作用があるほか、脳の働きが活発になる、視力が向上するといった作用があります。

 

EPAとDHAを同時に取ることで互いの相乗効果が期待でき、中性脂肪の減少や脳の活性化、視力の向上だけでなく、血行を良くする、血圧を下げる、アレルギーを予防する効果、気持を落ち着かせる効果なども期待できるのです。

 

用量を守って飲むことが大切

 

ただ、必要以上にEPAとDHAを摂取すると、副作用が出やすくなるので注意が必要です。

 

どちらも必要量以上に体内に取り入れると、下痢や吐き気などの症状が起こることがあります。

 

また、ケガなどで出血したときに血が固まらずに、出血が止まらないといったケースもあります。

 

ただし、決められた量を守っていれば、問題はありません。

 

イマークSの場合は、1日に1本が適量です。

 

早く中性脂肪を減らしたいからと言って、1日に2本も3本も飲むのは危険です。

 

中性脂肪が減らないだけでなく、上記のような副作用が生じるリスクがあるからです。

 

現在薬を飲んでいる人も、注意しましょう。

 

薬の効果との相乗作用で、副作用がでることがあります。

 

特に血を固まらないようにする治療薬や、降圧剤を飲んでいる人は、主治医に相談してからイマークSを飲むようにしましょう。

 

血が固まらない薬と併用した場合、出血が止まらないといった危険があります。

 

また降圧剤を飲んでいる人は、血圧が極端に下がってしまうことがあるので注意が必要です。

 

イマークSは中性脂肪を減らす効果が評価されたトクホ飲料です。

 

健康のために飲むものですから、一日の用量を守り、正しく飲用しましょう。

 

お得なイマークSのお試しセットで、健康生活!